部品の足りないスーツクローゼット

取扱説明書自体が間違っていた?

衣類の片付け用とは別の用途でカバー付きのハンガーラックを探していました。

その用途とは、衣類の乾燥用として使うというもので、カバー付きハンガーラックの中に除湿器(冷風機・洗濯乾燥機能付き)を置き、洗濯物や運動後に汗で濡れたものを乾燥させられれば、楽そうだなという安易な考えです。

実際に設置した様子がこちら。

サンルームのある部屋に住んでいた頃、洗濯物を干すついでに使わなくなった冷風機の洗濯乾燥機能で衣類を乾かしていたら良い感じだったので、同じような方法としてたどり着いたのがハンガーラックを使う事です。

念の為、そういう商品が無いのかなと思って探してみたら、「まとめてカラッと」というハンガーラック型のものが有りますが、あれは、単純に温風を出すだけの仕組みなので部屋の湿度が上がりまくります。

発想は中々面白いなと思ったものの、実際に使った時の事を想像したら、「部屋ジメジメして大変じゃん・・・」とすぐに却下しました。

そこで、普通のカバー付きハンガーラックを探していたのですが、選ぶ際の意識していた事は、「あまりしっかりした作りでは無いもの」です。

売られているハンガーラックの大半は、骨組みがメタルラックを使っていて結構しっかりしている印象があります。

メタルラックは頑丈な反面、分解して運んだりする時に手間に感じるので、もっと簡素的で弱くて良いから、部品もシンプルなものを探して見つけたのが、ミヤグチ企販というところのスーツロッカーです。

「おおっ!まさにこんなの探してた!」という感じで、価格も3千円以下と安価だったのですが、届いた商品を開封する際に早速ミスってしまいました。

カッターを使って開封したら、中に入っているカバーまで切れてしまったのでした・・・。

これは、私の凡ミスなので仕方有りませんが、原状回復させようと、ホームセンターで修繕シートやら同じ材質の不織布を探し、無くて別の店に行ったりと無駄に数時間過ごしました・・・。

買ってきた不織布をカッターで切れた長さ20cm位を覆える位にカットし、アイロンでくっつける両面タイプの補修シートを試してみても全然くっつかず、結局、ナイロン素材用の補修テープで無理矢理補修し、後は、無かった事にしています。

そして、いざ組み立ててみたら、「アレ?おかしい・・・」

「パイプ、2本足りなくない?」
部品を指さしで数えてもやっぱり足りない・・・。

でも、取扱説明書と本数は合っている。
と思っていたら、取扱説明書自体が間違っているようでした。

この取説見ると、部品点数は4本となっているけど、イラストを見ると6本です。中段のハンガー用パイプは取り外せるように説明してありますが、もしもハズしたら、中段のパイプが無くなるので、強度が弱くなるのが目に見えてます。

この件について、確認してみようと電話で問い合わせたら、ゴールデンウィーク中でお休みという事で、楽天のアカウントにログインし購入履歴から問い合わせだけ残しておく事にしました。

その後、もう一度、販売ページに記載されている写真を見てみると、中段パーツの2本が無いものが掲載されています。

ちょっと騙された感がありますが、その組み立て方で問題無いという解釈なんでしょうね。真ん中のパイプを外すと強度が落ちそうですが・・・。

この商品のサイズ感とチープさは気に入ったので、自分でどうにかしようと思いホームセンターで同じ径のステンレスパイプを入手する事にしました。

元々のスチールパイプと同じ径(Φ16)のステンレス巻きパイプ(1810mm)を4本購入してきました。

付属のパイプは、スチールなので先端がベコベコしていたのですが、こちらは、ステンレス巻きなので強度もアップです。

そして、パイプを切る際に上下で長さを変更して、より使いやすくカスタム。たまたまステンレスがカットできるパイプカッターを持っていたので、長さもだいたい揃っています。

長い方は、Tシャツ1枚を干した時に中段のパイプにかからないサイズにしてあります。詳しい絵面は、最後に掲載。

合計の長さは一緒なので、カバーからサイズオーバーする心配はありません。

プラスチックステーにパイプを入れる時に、元々のスチールパイプより強度が増したので少し入りにくかったけど、問題なく収まりました。

結局、3千円と安かったハンガーロッカーが補修剤とパイプ代合わせて、7千円近くなったけど、より使いやすくなったので良しとします。

これで、簡易乾燥クローゼットの完成です。

なかなかいい感じに仕上がりました。