脇の制汗剤「パースピレックス」

脇汗を出ないようにする働きのパースピレックスという制汗剤

これを書いているのは、5月のはじめ頃なのですが、
そろそろ暑い季節に入り始めます。
出来る事なら、程よく涼しい春が長い方が・・・。
蒸し暑くなってくると自然と汗が出てきます。

特に脇汗が厄介。

外を少し歩いたり、買い物に出かけたり、
ちょっと運動するだけでも脇汗でTシャツがじんわり湿ってきます。
汗をかいても良いようにトレーニング用のノースリーブとか
ナイキのジャージとか着ている時なら構わないけど、
ちょっと高いTシャツとかでは、出来れば脇汗はかきたくない。

汗をかくと毎回洗わないといけないし、
洗わないと汗シミで黄色くなるし。

という事でこの時期になると使い始めるのがコレ。
パースピレックスという汗を抑えるアイテムです。

コレを使うと汗を抑える事が出来ます。
説明は、ちょっと難しいのでこちらのサイトが参考になります。

簡単に言うなら、
汗が出ないようにフタをする為の成分を含んでいるというか、
汗とこの成分を利用してフタを作るようです。

因みに、汗の仕組みって、
そこから出なくなっても別の場所から出るらしい。
なので脇の汗が抑えられても足の汗がその分多くなるんだとか。

京都の舞妓さんが夏の暑い時期でも
首から上の汗をかかずに化粧崩れしないのは、
脇の下をきつめに締める事で汗が上がってくるのを抑えられるかららしいです。

でも、その出なくなった分の汗は、下半身から増えるとの事。

まあ、増えると言っても下半身の方が脇と比べて
体の占める割合は大きいから、
汗が多少増えてもそちらの方が気にならないと思います。

パースピレックスでそうなるかはわかりませんが、
毎日さっと塗るだけで
脇汗が簡単に抑えられるようになるのはありがたい。

汗で悩む人には、結構売れているらしく、
脇汗用以外にも多汗症レベルで悩んでいる人の手のひらや足の裏用も有るとの事。

汗は誰でも出るものだから、上手く活用したいものですね。