レノボ ノートPC G570

ハイスペックの割りに安い!しかし・・・

レノボのノート。
これで2台目です。

ノートパソコンも2台目。
つまり、レノボでノートデビュー。

G550は、ヤマ電の店舗で古いノートを下取りして購入でしたが、
その後の対応であまり良い思い出では無いので、
今回(G570)は、コジマ電気の楽天店で購入。

価格は、34,800円でした。
3万円台で購入できたので良いのですが、
それから、2ヶ月ほどしたら更に安くなっていた・・・。

正直、G570をネット閲覧用にと思ってたので、
それなりのスペックで低価格ということで、こちらに。

価格コムでも人気のようだったので。
使い慣れたレノボだというのもあります。

実際に使用してみると
ちょっと厄介な問題が・・・

Windows7 32bit(G550)
 → Windows7 64bit(G570)へのスペック変更へ切り替わり、
今まで使用してきたoffice2000のExecに不具合・・・。

引用コピーをする際に、
Enterを押すとエクセルがフリーズしてそのまま落ちてしまう。

ハイスペックなら、
今までのExcelも使えるようにカバーして欲しいものですが。笑
結局、新しくExcel2010を購入する羽目になりました。

G570を使用してみて、
以前よりも使いにくくなった点が二つほど有ります。

まず、一つ。
キーボードの配置が変わったので、
エクセルのタブ切り替えがやりにくくなったこと。

二つ目。
タッチパッドが以前同様にわずらわしい事。

キーボードで入力していると、
タッチパッドが掌の親指側が当たり
カーソルが飛んでしまうことがあります。

G550の時もこの症状は有ったので、
新たにALPSのデバイスマネージャーをインストールして対応出来たのですが、
G570は同じソフトウェアがインストール出来ませんでした。

「マウス接続時は、タッチパッドを無効にする」という、
項目が存在しないのでどうしようも出来ないという事です。

その後、いろいろ調べても手詰まり。
つまり、我慢して使うしかありません。

もしくは、タッチパッドの反応を鈍く設定するか。

実質タッチパッドを無効にするには、
”Fn + F6”で行わなければいけません。

この一手間、されどひと手間。
ログイン毎にこの一手間にうんざりします。

他に類似する妥協案としては、
Touch Freezのインストールで対応できるものの
それでも、時々飛んでしまいます。

サポートデスクにも電話をしてみましたが、
BIOSでもソフトでもそういう設定をする事は出来ないようです。

この辺り、ユーザーの利便性を細部まで作りこんで欲しいものです。

低価格のパソコンなので、
その位は我慢すべきかもしれませんが、
この一つだけでかなりお得に感じられただけに残念。