オークションに出品する場合に気を付けたい事

個人の出品で大切なのは売れる事より落札者の質

楽天で商品を購入してみても時間が経つこと要らなくなるものも出てきますよね。でも捨てるのはもったい。そんな時にオークションで出品するとそれなりに高値で落札される事も有るので便利です。

その分、面倒事も多い!!

オークションは、個人同士のやり取りなので(一部のショップを除いて)、色々と注意しなくてはいけないこともあります。そんな注意点について、実経験を通じて特に感じたことを備忘録としてまとめています。

■オークションにおける注意点

この辺を事前に対策しているかで長く快適な出品ライフ(笑)に繋がるような気がしています。
それは、特に以下の二つ。

  • □ 入札者、落札者の評価を確認しておく
  • □ 入金方法、発送方法を先に決めておく

【1】まず、「入札者、落札者の評価を確認しておく」についてです。

ここでは実際に利用してるヤフオク!で話を進めていきますが、入札者、または、落札者がどのような評価を貰っているのかを確認しておく必要があります。

”非常に悪い”がどの位あるかも一つの基準ですが、それよりも取引がスムーズに行える人かどうかをチェックする事が大切。

悪い評価は、本当は悪くなくても出品者によって付けられる事も有るかもしれませんから。

特に滞りなく取引が終了していれば、何も目立った情報はありませんが、よく読んでみると、コメントの中には、取引が中々スムーズにいかなかったというような内容が書かれてる場合があります。

そうした内容の多い落札者だと、自分自身もそのような状況に遭遇する可能性が高くなるので注意しなくてはなりません。やり取りが長引くのは、何のメリットも無く時間と気持ちが消耗していくばかりです。

「こういう方は入札しないで下さいね」と書いていても、それが読まれずに落札後に対応していない入金方法などを要求されるケースも有ります。

実際に私が経験した事では、出品している品物を整理する為に入札者の無かった品物の出品を終了したところ、「その商品を狙っていた。譲ってほしい。」という要望が有り、それならばと定額で出品しました。

そこまで欲しいなら、こちらとしても譲りたいという気持ちからです。

でも、ここで、相手をしっかり確認していなかったのが運の尽き・・・。
落札はスムーズに行われたんですが、その後、入金が行われません。連絡も有りません・・・。

おかしいなと思い再度連絡してみたところ、先に品物を送ってもらえるものだと勘違いしてたとの事です。

こちらは、入金後に発送と明記。
それがデフォルトだから云々ではなく、それが欲しくて落札したのだから「よろしくお願いします」と先にお金を渡すのが普通ではないでしょうか。

ネット通販も着払いや代引き以外は、基本的に先払いです。
支払い能力を確認してからでないと、無駄に不成立売買を増やす事にもなりますから。

結局、この誤解を正すために、あのですねこのですねと説明する手間が増えます。これが結構無駄な時間となりかねません。笑

殆どの場合、やり取りは3回~4回程度で取引が終了するのですが、その2倍以上ものやり取り、3倍以上もの時間がかかってもまだ入金されていないなんて事になってしまうかもしれません。

その上、「住所を教えないと入金できない、住所を教えるのがオークションのセオリーである云々」など、取引とは関係の無い意見交換が繰り返される事も有るので大変です。

しかも、そういうケースに限って落札額が小さかったりするもの。笑

こうした消耗戦を避ける為にも前もって準備しておく事が重要です。


【2】次に、「 入金方法、発送方法を先に決めておく」についてです。

私が出品する場合は、こうした誤解が生じないように「入金後の発送となります」と注意書きをしているのにも関わらず、こうした人が稀に居ます。

こういう入札者を制限する為に、注意書きを書いておくことが大切です。

例えば、

  • □ 入金後の発送です。それ以外はお受けしません。
  • □ 悪い評価を貰っている場合は、落札者都合で取り消す場合が有ります。

こうして書くことで入札者が減ってしまうかもしれません。
ですが、その後、トラブルとなる可能性や取引が無駄に長引く事を考えると、入札制限をしておく方が良いと思います。

落札者の中には、オークションの詐欺などを警戒して、先に品物を確認してからお金を振り込むという考えを持ってる人もいるかもしれませんが、いずれにしても、オークションでの取引は信用で成り立っているので、そう思っている人とは取引しない方が身の為です。

こちらがちゃんと対応していても、そうやって疑われていては、後味が悪く終わるものです。

また、出品者(売る人)、落札者(お客さん)と思いがちですが、オークションで商売をしているのでなければそうなりません。なので、必要以上に下手に出なくても良いと思います。

その為にも、入札制限できるようしっかりと書いておく事が大切です。

でも、オークションをやり慣れている大半の人は、それを常識的に理解しているので、トラブルとなる事も無く入金もスムーズです。

これが、普通なんですが、時々それがわからない人が居るから、ちゃんとルールを掲載しておくと、トラブルとなった時に「このように書いてありました」と伝えられて、嫌々なやり取りを長引かせる事が減ります。

場合によっては、「ノークレームノーリターンで」と記載しているにも関わらず、商品代金を支払わずに、品物を返品してくることも考えられます。まだ返品されるならマシかもしれませんが・・・。笑

オークションに出品すると、どうしても欲が出てしまい、できるだけ高値で落札されたらいいなと思うものです。

でも、それより次に使ってくれる方がお得だなと感じる金額で落札してもらえ、入金もスムーズに行ってくれた方がお互いに気持ち良く取引が終了できると思います。

そう考えると、ある程度良識的な人に落札して貰う上でも、こうした部分を注意しておく必要があると思います。

失敗から教訓を得る事が有りますが、出来る事ならそうした失敗も少なくして、快適にオークションを行いたいですよね。その為にも、出品する場合は、対応できる知識も必要となってくるのではないでしょうか。